インビザライン INVISALIGN

「目立たない」「取り外せる」矯正装置

「マウスピース型矯正装置(インビザライン)」は透明な矯正装置で、歯列にはめ込んで使います。薄く表面がなめらかなうえ、精密な型どりをもとに作られるので歯列にぴったりとフィットし、つけていても目立ちません。
自分で取り外せるので、装置をつけていない状態で、制限なく食事を楽しめます。また、装置に邪魔されることなく丁寧に歯を磨けて、装置自体も洗浄できるので、衛生的な状態を保ったまま治療できます。
約2週間に1回、次の段階のマウスピースと交換しながら、少しずつ弱い力をかけて歯を動かすので、痛みもほとんどありません。ワイヤー装置に比べ、全体的に違和感が少ないので、治療中も快適に過ごせます。

「目立たない」「取り外せる」矯正装置

口腔内3Dスキャナー(iTero:アイテロ)による精密な型どり

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の作製にあたり、精密な歯型をとれる「口腔内3Dスキャナー(iTero)」を使っています。小型のスキャナーで歯列をなぞりながら撮影することで、モニター上に歯型が細かな部分まで立体的に再現されます。このデータをもとに歯の移動をシミュレーションし、きれいになった歯並びを事前に確認できます。またデータ化により装置の完成が早まり、歯型も破損・変形・劣化せず保管できます。
従来のシリコン印象剤を使った型取りは、印象剤をお口の中に入れて硬化を待つ必要があったため、患者さまの負担になっていました。また、細部の精密な再現が難しかったり、装置の完成まで時間がかかっていましたが、口腔内3Dスキャナー(iTero)により、それらのデメリットが解消され、より精密で早い治療をご提供できます。

口腔内3Dスキャナー(iTero:アイテロ)による精密な型どり

精密な歯型をとれる
歯型をすぐに確認できる
歯の移動をシミュレーションできる
装置の完成が早い
歯型の変形・劣化がない

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特長

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の特長


透明で目立ちません

装置は透明なポリウレタンでできており、薄さ約0.5mmで、表面に突起がなくなめらかな形状になっています。歯列にフィットし、装置をつけていても目立たないので、口元の審美性を重視する方におすすめです。

自分で取り外せます

自分で取り外せるので、装置をつけていない状態で歯を磨けます。装置が邪魔にならず隅々まできちんと歯を磨けるので、虫歯になる可能性を軽減できます。装置自体も流水で簡単に洗えるので、清潔に使えます。

通院回数が少なくすみます

装置を約2週間に1回、次の段階のマウスピースと交換しながら歯を動かします。定期的な通院は必要ですが、装置は自分で交換するので、ワイヤー装置よりも通院回数が少なくなります。

痛みがほとんどありません

装置1枚につき、歯の移動距離は約0.25mmです。その程度の弱い力をかけ続け、無理なく少しずつ歯を動かすため、ワイヤー装置による治療のような痛みはほとんどありません。

食事をいつもどおりにできます

食事をするときには装置を取り外し、好きなものを食べられます。装置の離脱・破損、食べ物の引っ掛かりなどを気にせずにすむので、食べるものを制限されるストレスがありません。

金属アレルギーでも安心です

装置は、プラスチックの一種「ポリウレタン」でできています。金属が一切含まれていない材料であり、金属アレルギーを発症することがないので、安心してお使いいただけます。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の種類

マウスピース型矯正装置(インビザライン)の種類


軽度症例用マウスピース型矯正装置(インビザライン・エクスプレスパッケージ)

約2ヵ月分(マウスピース上顎7枚・下顎7枚・計14枚まで)
前歯の部分的な治療、後戻りの治療などに使います。装置の枚数が少なく、矯正部位が限定されます。

軽度症例用マウスピース型矯正装置(インビザライン・ライトパッケージ)

約3~4ヵ月分(マウスピース上顎14枚・下顎14枚・計28枚まで)
軽度の叢生(ガタガタ)・空隙(すきっ歯)の治療、前歯の軽度な治療などに使います。中等度から重度の症例には適用できません。

中等度症例用マウスピース型矯正装置(インビザライン・モデレートパッケージ)

約6~7ヵ月分(マウスピース上顎26枚・下顎26枚・計52枚まで)
軽度から中等度の上下顎の前後的位置の改善、叢生(ガタガタ)・空隙(すきっ歯)の治療などに使います。

マウスピース型矯正装置(インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ)

マウスピースの枚数制限なし
全顎の治療に使います。装置の枚数に制限がないので自由度が高く精密な治療を行なえます。

ワイヤー装置を併用することがあります

「マウスピース型矯正装置(インビザライン・コンプリヘンシブパッケージ)」には枚数の制限がないので、このパッケージ単独で治療を行なえます。
そのほかのパッケージには枚数の制限があり、単独での治療が難しいことがあります。その場合は、ワイヤー装置を併用するオプションを適用させていただきます。金属(銀色)のワイヤーは+50,000円(税別)、目立たない白いワイヤーは+70,000円(税別)となります。

矯正担当医の紹介

鈴木
鈴木

卒業2001年:東京歯科大学歯学部
日本矯正歯科学会認定医

夫馬
夫馬

卒業2004年:東京歯科大学歯学部
日本矯正歯科学会認定医

徳永
徳永

卒業2005年:東京歯科大学歯学部
日本矯正歯科学会認定医

阿部
阿部

卒業2012年:東京歯科大学歯学部
日本矯正歯科学会認定医

須田
須田

卒業2004年:日本歯科大学
日本矯正歯科学会認定医

芝多
芝多

卒業新潟大学歯学部
日本矯正歯科学会認定医

インビザライン矯正治療の流れ

  • 初診時:無料相談 (30 分)

    患者さまの歯並びのお悩み相談を承っております。相談は「無料」です。お口の中をスキャニングし、治療後のイメージをシミュレーションいたします。

  • 矯正治療を希望される患者さま

  • 希望されない患者さま

    矯正治療をご希望されない患者さまは、矯正相談を以て終了となります。

  • 診査(精密検査)

    矯正診断用のレントゲン・口の中・お顔の撮影、模型印象などの検査を受けていただき、診断に必要な資料採得を行います。診査(精密検査)については、2,500 円(税込)かかります。通常 3 ~ 5 万円かかるところ、当院では型取りにかかる実費のみいただいています。
    診査は無料相談当日、または別日かお選びいただけます。

  • 診断結果の説明とお見積り書の発行

    精密検査を基に、診断の結果を約 30 分間かけて患者さまにご説明致します。

  • 矯正治療が可能な患者さま

    患者さまに治療方法や材質の選択をして頂き、矯正治療のお申し込みをして頂きます。

  • 矯正治療が難しい患者さま

    診断の結果、外科矯正が必要で希望される場合は、専門の大学病院をご紹介致します。ただし紹介状として別途費用がかかります。

矯正治療の料金

矯正治療の料金


吉祥寺セントラルクリニック
0120-203-640
三鷹公園通り歯科・小児歯科
0120-970-967